「歴史の道」〜飛鳥で出会う・食と文化の国際交流(平成29年9月23日・24日)

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 10:51

皆さん、こんにちは!

奈良県日韓親善協会の広報担当です。

 

さる平成29年9月23日・24日、

奈良県日韓親善協会主催の初イベントを、

日韓の交流の歴史深い、奈良県明日香村で、企画・運営・実施いたしました!

 

 

その名も・・・「歴史の道」〜飛鳥で出会う・食と文化の国際交流。

 

2日間で、約1万3,000人の方が参加してくださいました。

本当にありがとうございました!!!

 

【イベント概要をパンフレットから・・・】

奈良県日韓親善協会は、前・衆議院議員の田野瀬良太郎会長を代表とし、創立38年目を迎えようとしている民間団体です。

昨年は、友好団体の在日本大韓民国民団奈良県地方本部主催の日中韓による東アジア文化都市事業の市民連携事業として「歴史の風」と題した韓国と日本の伝統文化公演事業を協会として初めて協賛いたしました 。当日来客数は400名を超え、立ち見客がでるほどの盛況ぶりでした。引き続き文化を軸とした日韓親善事業を展開すべく本年度は「歴史の道」と題し、飛鳥時代に多くの渡来人が訪れた史実がある明日香村を舞台とします。今回は、日本と韓国にとって最も古い友好関係を持つ明日香の地を歩くウォーキング事業を展開することで両国の歴史や文化、さらには付随する食や観光につながる交流の展開に繋げてまいりたいと考えています。 親善協会による単独での事業ではなく明日香村主催の観光活性化事業とタイアップさせていただき、より効果的・効率的に事業実施させていただき、文化を通した両国の親善を図ります。

 

うーん、長かったですね!すみません。

 

9月23日(土)・24日(日)は明日香村さん主催の『彼岸花まつり』『洸の回廊』が開催されてましたので、明日香村さんの全面協力のもと、この企画が成り立ったのでした。本当にありがとうございました!感謝です。

 

さてさて、当日の様子です!

 

 

■開会行事

23日10時、多数の来賓を迎え「歴史の道」開会式を開催しました。奈良県日韓親善協会 会長代行の難波正敬の挨拶にはじまり、駐大阪大韓民国総領事館 総領事 河泰允 様、奈良県より知事公室長 桝井和也 様、明日香村長 森川裕一 様、在日本大韓民国民団奈良県地方本部団長 黄泰壽 様、衆議院議員 田野瀬太道 様より、それぞれ温かい祝辞をいただきました。

 

■日韓伝統演芸〜男寺党(ナムサダン)【23日】

男寺党とは、新羅初期から朝鮮末期に至るまで、全国を放浪し民衆に娯楽を提供してきた流浪芸能集団。大韓民国国家無形文化財第3号に指定され、2009年ユネスコ世界文化遺産にも登録された伝統芸能。9名の団員が華麗な舞を見せ、観客からは大きな拍手がよせられました。1日2公演、約1時間づつの圧巻のパフォーマンスでした。

 

■日韓伝統演芸〜天理大学雅楽部 【23日】

天理大学雅楽部は、昭和26年日本の優れた芸能である雅楽の研究、演奏技術の習得・普及を目的に創部。天理・大阪・東京での定期公演をはじめ日本各地と海外で演奏を行っている。演目は「抜頭」。13名の部員による優雅な演奏により古代にタイムスリップしたかのような幽玄な雰囲気が流れました。1日2公演、約20分づつの演目。

 

■日韓伝統演芸〜かむなび(二胡とギター) 【23日】

二胡奏者の服部孝志(桜井市)とギターの古泉一平のデュオ「かむなび」が約1時間演奏。夕暮れ近く、二胡とギターの絶妙なアンサンブルが好評でした。

 

■日韓伝統演芸〜金剛学園 舞踊部 【24日】

金剛学園は大阪南港にある韓国系民族学校です。韓国衣装を身にまとった舞踊部のメンバーによる華やかな「剣の舞」が披露されました。1日2公演。各約15分。学生たちの剣舞は息ぴったりで非常に愛らしく、大変好評でした。

 

■屋台ひろば【23日・24日】

24ブース出店でしたが、最終的に26ブースとなりました。売上はバラつきがありましたが、来場者から大好評でした。

国営飛鳥歴史公園、中和保健所、高市消防署の指導のもと、安心・安全な食の提供に努めました。

食事をするスペースを次回以降は作りたいと思います。

 

■韓国語による弁論大会【24日】

公募で選ばれた11名が、風舞台で韓国語の発表を行いましたテーマは「日本と韓国の親善について〜身近な例から」。想像していた以上に盛り上がりました。出場者の弁論(翻訳付)パンフレットを限定200部無料配布。審査員は、天理大学 教授 金 善美、天理大学 教授 熊木 勉、奈良韓国文化院 院長、民団婦人会 副会長 権 英孝の4名でした。厳正な審査のうえ、優勝はJTB旅行券6万円分、準優勝はJTB旅行券3万円分、審査員特別賞はJTB旅行券1万円分をそれぞれ贈りました。韓国語による弁論大会を通じて、文化を軸にした相互理解が深まることに大いに期待が持てました。

 

■ウォーキングイベント「歴史の道」【24日】

約50名参加し、31名分のアンケート回収。飛鳥寺にご協力いただき、参加者は想定より少なかったが大変好評なイベントとなった。マップにスタンプを押して戻ってくると、景品をプレゼント。

「田んぼの中、久しぶりの飛鳥、気持ちよかったです」「楽しく歩けました」「たくさん歩いて、とても楽しかったです。また歩きたいです」「とてもよかった」「久しぶりに歩いた。景色もよく健康づくりにはよかった」「疲れたけど雰囲気あるいい道。良い経験になりました。ありがとうございました」「風景がすごく美しかった」「明日香の風景がすごく良かった」「彼岸花がきれいでとても楽しくウォーキングできました」「久しぶりに歩いたので少し疲れました。でも大変楽しかったです」などの声を頂いた。

四天王寺ワッソの協力により、韓国衣装に扮した5名を含め計10名が道の要所に立ち、参加者の案内を行った。

 

今回のイベントに共催いただいた明日香村観光交流活性化事業実行委員会をはじめ、明日香村長をはじめ明日香村の皆さま、
ご後援いただいた駐大阪大韓民国総領事館、奈良県、明日香村、橿原市、桜井市、天理市、大和高田市、高取町、天理大学の各位、
ご協賛いただいた在日本大韓民国民団奈良県地方本部、大和大学、奈良県遊技業協同組合、近畿産業信用組合、奈良近畿経友納税会、医療法人楽慈会、株式会社らくじ会、天然湧出温泉ゆららの湯、一般社団法人韓国商工会議所奈良、在日本大韓民国婦人会奈良県地方本部の皆さま、そして出演者の皆さま、出展者の皆さま、国立飛鳥歴史公園の皆さま、あすか野の皆さま、お越しくださった皆さま、スタッフ各位etc.

本当に、本当にありがとうございました!!!

おかげ様で盛会のうちに、2日間の本イベントを滞りなく進めることができました。
 

今後とも奈良県日韓親善協会は日本と韓国の文化交流を軸に、両国間の更なる相互理解が深まることを目指し、

奈良県で地道な活動を続けてまいります。

私たち奈良県日韓親善協会のメンバーも研鑽を重ね、奈良県の発展に寄与できるよう励んでまいります。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、次回「歴史の道」は2019年秋に企画予定です!!

次はもっとうまく運営できると思います!

お楽しみに!!

 

 

JUGEMテーマ:奈良県

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM